信用組合へようこそ

信用組合と銀行って同じじゃないの?

回答

取扱商品や業務内容は信用組合も銀行もほとんど変わりません。大きな違いはその経営理念、目的です。銀行が営利を最大の目的とする株式会社組織なのに対して、信用組合はお互いに助け合いながらお取引者(組合員)の経済的地位の向上を一番の目的とする非営利・相互扶助の協同組合組織の金融機関なのです。地元のお客様を主体にサービスを提供しています。信用組合の特徴のひとつである、フレンドリーでキメ細かな対応の理由はここにあります。

 

信用組合と信用金庫・銀行の制度比較

  信用組合 信用金庫 銀行
根拠法 中小企業等協同組合法
協同組合による金融事業に関する法律
信用金庫法 銀行法
組織 組合員の出資による協同組織の非営利法人 会員の出資による協同組織の非営利法人 株式会社
会員・
組合員
資格

地区内に住所又は居所を有する者
地区内で事業を行う小規模の事業者
地区内で勤労に従事する者
(事業者の場合の制限)

従業員300人以下又は資本金(出資金)3億円以下の事業者(卸売業100人又は1億円、小売業50人又は5千万円、サービス業100人又は5千万円

地区内に住所又は居所を有する者
地区内に事業所を有する者
地区内で勤労に従事する者
(事業者の場合の制限)

従業員300人以下又は資本金(出資金)9億円以下(政令)の事業者
出資金
の最低
限度
2,000万円(特別区・指定都市)
1,000万円(その他)
2億円(特別区・指定都市)
1億円(その他)
20億円
員外
預金
(原則)組合員。
(例外)組合員以外の者の預金の受入れは預金・定期積金総額の20%以内
制限無し
員外
貸出
(原則)組合員。
(例外)組合員以外の貨出は貸出総額の20%以内
(原則)会員。会員以外の貨出は
貸出総額の20%以内
卒業生
金融
なし 3年以上5年未満会員であった場合は5年、5年以上会員であった場合は脱退の時から10年員外融資が認められている。  
情報
開示
半期開示(法令上努力規定あり) 半期開示(法令上努力規定あり) 四半期開示
(上場銀行)
外部
監査
預金等総額200億円以上かつ員外預金比率10%以上の信組は必須 預金等総額200億円以上は必須 必須

 

もどる