信用組合へようこそ

基本理念

信用組合の基本理念である「相互扶助」は不変であり、この「相互扶助」は、社会福祉的な弱者同士の扶助ではなく、自助のために相互に 協力し、同時に自立した者同士が協同することです。

経営ビジョン

新たな相互扶助の実践

信用組合は、これまでは主として金融サービス、とりわけ「資金の融通における相互扶助」を中心としてきました。今後、社会・経済の構造的な変化が見込まれる中で、次の三つの相互扶助を実践していきます。

  • 1)「資金の融通による相互扶助」
  • 2)組合員に対するコンサルティング等「知恵(創意工夫)による相互扶助」
  • 3)組合員相互、信用組合相互及び信用組合と地域社会等を結ぶ「ネットワーク化による相互扶助」

信用組合の約束

信用組合は、中小企業や小規模事業者等、地域・業域・職域の生活者である組合員に対して、きめ細かな訪問活動と、人の温もりを大切にした親身な相談活動を通して、どんな時も、組合員と共に歩み続ける、身近な金融機関であることを約束します。

信用組合のブランドスローガン

ちかくにいるから、チカラになれる。

「コミュニケーションマーク」

ちかくにいるから、チカラになれる。

「信用組合」の未来へ向けて新たにコミュニケーションマークを設定しました。
2つの円の重なりは、組合員と共に歩み続けること、対話やふれあいなど親身で心温まる期待と安心感を意味し、円の下を切り取った緑色のアーチは、信頼をつなぐ橋、絆づくりの輪を広げる様子を表現しています。

もどる